色落ちしやすい白髪染めと、色落ちしにくい白髪染め

きれいに白髪が染められたら、気持ちも若返ってしまうほど嬉しいもの。でも、同時に心配なのがどれくらい持つか…です。白髪を染めて色落ちの良い人もいれば、すぐに色落ちしてしまう人もおり…白髪染めする上でいかに長くきれいに保つかは重要な問題ともいえます。

この違いは、白髪染めがどういった染料で作られている…で、結果が変わってくるともいえます。一般的な白髪染め…つまりは従来にある白髪染めとしては、化学剤で髪の表面にあるキューティクルを無理やりはがし、そこに染料を入れて染め上げる仕様となっています。これは髪の芯まで色素を入れることができるので、色持ちもよく長く色を楽しむことができるのです。

とはいえ、その代償として大事なキューティクルを傷つけるといった大きなデメリットがあります。髪を保護するキューティクルがはがされるということは、当然のことながらきしみや抜け毛、キレ毛などの髪のトラブルが発生するようになるのです。

つまり、色落ちは少ないけれど、髪を大きく傷つけてしまうといったデメリットがあるのです。

対して、色落ちしやすい白髪染めというのは、天然の植物成分などの自然の成分を中心に使っているものです。これらは髪の内部から染めていくのではなく、髪の表面に塗っていくタイプです。例えるなら、マニキュアのようなものでしょうか。

ですから、当然のことながら髪を洗うたびに染めた色は落ちていきます。が、髪の表面はコーティングされているのでダメージを受けにくく、染めるたびにトリートメントされているのと同じきれいな髪を作っていきます。

最近の白髪染めでは、こうした化学剤で中から染めていくタイプと、表面に塗りながら染めていくといった2種類に分けられています。どちらを選ぶかで、持ちのよさが変わってくるのです。

白髪染め以外のケアで色持ちをよくする

髪の内部から化学剤で染め上げていく白髪染め。
髪を守りつつ、表面だけを染めていく白髪染め。

どちらもメリット・デメリットがあります。どちらを使うにしても、もちを良くするためには、デメリットを克服すようなケアをプラスしていかなくてはいけません。

従来の化学剤での髪内部から染め上げていく方法でやるのであれば、染めた後のトリートメントはしっかりとやっていくようにしなければいけません。

表面だけを染め上げていく方法でやるのであれば、色持ちを良くするためにも、こまめに染めていく必要があります。こちらのタイプではシャンプーと一体型になっているのもありますので、そういった白髪染めを使うと手軽で楽です。特別なことをしなくても、常にきれいな染め上がりをキープすることができます。

ページトップへ

人気白髪染めランキング

レフィーネ

とにかくカラーが豊富

利尻昆布ヘアカラー

ナチュラルかつしっとり

ラサーナヘアカラー

売り上げNo.1

シュアカラー

シャンプーとセット

知っておきたい白髪染めの常識