部分かつらで簡単白髪隠し

白髪は何とかしたいけど、白髪染めを使うのは面倒。髪を傷つけることをするのも嫌なので、できれば白髪染め以外の方法で白髪を隠したい…。そういった人はもちろん、普段白髪染めを使っているけど、急なタイミングで白髪染めをする時間がないけど、白髪は隠したいという場合などに便利なのが白髪隠し用のかつらやウィッグです。

白髪が目立つ根元をササッと簡単に隠し、一瞬で若々しい印象に変身。忙しい朝でも簡単にできる便利な方法です。

今はさまざまなかつらやウイッグが発売されており、髪の毛全体をすっぽり隠すのはもちろん、部分的な気になる部分だけを隠せるものと多岐にわたっています。分け目やつむじ、生え際など…白髪が目立つ部分をカバーするポイント用ウィッグなるものもあるのですから、自分の白髪隠しにぴったりのものも容易にみつけられるのではないでしょうか。

なかなか合うのが見つからない…そんな人には、ちょっと価格が高くなりますが、オーダーメイドで頼むという方法もあります。ほとんどのかつらやウィッグを発売するお店では、試着や無料パンフレットなどが用意されています。電話やメールでの相談にも細かく対応していますので、まずは気軽に相談してみましょう。

料金
頭全体を覆うタイプか部分用かで変わります。 高額となってしまいがちなのが、かつらやフルウィッグのような面積の広いタイプです。 また、既製品よりもオーダーメイドのもの方が高くなり、髪の素材の違いによっても価格が変わってきます。 安いものでは数千円で購入できますが、多くは数万円ほど。 高いものは数十万円といった金額にまでなります。
メリット
白髪隠し用のかつらやウイッグは、いつでもどこでもササッと装着するだけで隠すことができる便利なアイテムです。 白髪染めと違い髪を傷つけることもありませんし、それによるケアをする必要もありません。 まさに白髪隠しにはお手軽なものとなっているのです。

かつら自体のメンテナンスは必要です

染めた髪と異なり、毛髪自体の手入れは必要ないものの、かつらやウィッグそのものの手入れは必要です。

トリートメントなどをする必要はありませんが、保管に気をつけ、購入した先での定期的なメンテナンスなどが必要となってくるのです。あくまで消耗品なので、使い続けるうちにある程度劣化することも避けられません。ある程度の期間使用すると、新しく新調する必要もでてくるのです。

白髪を隠す、そして髪へのダメージを考えるとかつらやウィッグが簡単なのですが、あくまで装着して使用するものなので、違和感や人に気付かれるといった危険性もあります。咄嗟の時用として利用する人が多いようです。

ページトップへ

人気白髪染めランキング

レフィーネ

とにかくカラーが豊富

利尻昆布ヘアカラー

ナチュラルかつしっとり

ラサーナヘアカラー

売り上げNo.1

シュアカラー

シャンプーとセット

知っておきたい白髪染めの常識