白髪染めが与える頭皮へのダメージ

今では若い人の中でも気にする人が増えている白髪。そんな悩める白髪を黒髪にする手っ取り早いアイテムとしてあるのが、白髪染めです。白髪染めのといってもさまざまな種類があり、その方法もさまざま…実に豊富な数が揃っているのです。どれも同じとは限らず…適当に選んでいると失敗したり、後悔することもでてきます。そうならない為にも、しっかりとした目線で選ぶのが重要となります。

まず、白髪染めを選ぶ上で最大のポイントともなるのが、いかに頭皮や毛髪を傷めないようにするかです。白髪染めというのは、気になる白髪をきれいに自然な形で隠してくれるのと同時に、思っていた以上のダメージを与えます。

一般的な白髪染めは、ヘアカラーと同じもの。髪の内部に染料が浸透することで変色して、白髪を黒く変えていきます。見た目はいいのですが、これにより髪の内部ではキューティクルがはがれて内部への浸透。タンパク質の結合力を弱めてしまことになるのです。つまりこれは髪が大きなダメージを受けて、弱くなっているということです。

なかでも最もダメージを受けるのが頭皮です。白髪染めに使われているパレフェニレンジアミンやパラアミノフェノールなどの染料は、アレルギー反応を引き起こすこともある物質です。 人によってはかぶれやかゆみ、赤み、発疹、腫れといった軽症のものから、呼吸困難などの重要な発作がでることもあるのです。

また、そういった症状がでなくても、使い続けることで頭皮の健康状態を壊していきます。健康な髪が生えにくくなり、抜け毛や薄げに悩むようになった…なんてことにも! これでは本末転倒です。

白髪染めは頭皮ケアもセットで選ぶ

こういった頭皮トラブルのリスクを含んでいる白髪染めは、頭皮にできるだけダメージを与えない、守ることも考えたものを選ばなくてはいけません。

最近の白髪染めは頭皮へのダメージを抑えたものや、頭皮の為の有効成分をたっぷりと配合したものが数多く販売されています。これらを選ぶようにするのはもちろんですが、使い方もしっかりと守って使うようにしなければいけないのです。

使う量が多かったり、放置時間が長すぎるのは頭皮へ大きなダメージを与えます。使用する時期も、2ヶ月以上あけるのが良いでしょう。また、白髪染めは頭皮にはなるべくつけないように気をつけ、しっかりと洗い流します。

白髪染めを美容院でおこなう場合は、プロである美容師さんが適切なアドバイスをしてくれるのでそこまで問題はないでしょう。が、自宅でおこなう際は、メリット・デメリットをよく理解すると同時に、ケアの方法についても知っておくようにします。

ページトップへ

人気白髪染めランキング

レフィーネ

とにかくカラーが豊富

利尻昆布ヘアカラー

ナチュラルかつしっとり

ラサーナヘアカラー

売り上げNo.1

シュアカラー

シャンプーとセット

知っておきたい白髪染めの常識