白髪用と黒髪用のヘアカラーの違いは?

ドラッグストアでもおなじみの白髪染め。白髪染めの隣には、必ずといっていいほど黒髪用のヘアカラー剤が陳列されています。また、白髪用とも黒髪用とも書かれていないものもあります。

白髪用と黒髪用…これはどう違うのでしょうか?

答えは、どちらもたいしてそう違いがない同じもの。白髪染めもヘアカラーの一つなのです。言葉として分けられていると違うような気がしてしまいますが、白髪を染めるのも黒髪を染めるのもどちらも同じことなのです。髪の毛を染めるためのアイテムとしては変わらないのです。

ではどうしてもあえて分けているのかというと、目的の為の成分が異なるからです。

このヘアカラーというのは、永久染毛剤のことです。白髪を染めるのと黒髪を染めるのでは、この染料の仕方や薬剤の配合が異なります。その為、同じヘアカラーでも「白髪染め」としてわけているのです。

どちらもアルカリ剤でキューティクルを開いて髪を脱色・染毛するのは同じです。ヘアカラーをする場合、日本人の黒い髪の元であるメラニンが濃いので、まずはこのメラニンをブリーチ剤で除去します。明るい色にしたいと考えるほど、このメラニンの除去するための成分は多くなります。

白髪の場合はもともとメラニンが抜けている状態です。ですから、黒髪用ほどブリーチ剤は多くは入っていません。ただ、白髪用も黒髪用も、均等に染める為の染料の配合濃度は一緒です。違うのはブリーチ剤だけなんですね。

白髪と黒髪を染める際に異なるメラニンの除去…このことからも、どちらが染めやすいかといえばメラニン色素が少ない白髪だということがわかります。ただ、白髪は染めやすいものの、時間の経過と共に抜けていってしまいやすいといった欠点があります。

そういったそれぞれの特徴を踏まえて、白髪用は染める力が強いヘアカラー剤、黒髪用はブリーチ力が強いヘアカラー剤といった違いが。それがために、白髪用と黒髪用のヘアカラー剤として分けているのです。

白髪用でも十分にカラーを楽しめる

白髪用も黒髪用も、どちらもヘアカラーとして変わらないというのであれば、どっちを使ってもいいのでは…と思う人もいますが、髪を染めるということは髪や頭皮にとっては良くない事です。できるだけ髪の状態に適したものを使うようにしたほうが髪にとっては無難となります。

白髪を染めたいのであれば、白髪用を。
黒髪を染めたいのであれば、黒髪用を。

白髪用というと、あまりカラーも豊富にそろっていないイメージが強いですが、最近の白髪用はカラー展開も豊富なものが多くあります。一般的に定番となっているカラーは問題なく探すことができるのではないでしょうか。ただ、赤や青、黄色といった派手な色合いは若干、探すのも大変かもしれません。

ページトップへ

人気白髪染めランキング

レフィーネ

とにかくカラーが豊富

利尻昆布ヘアカラー

ナチュラルかつしっとり

ラサーナヘアカラー

売り上げNo.1

シュアカラー

シャンプーとセット

知っておきたい白髪染めの常識